「要石」の上手い使い方

「要石シリーズ」を設置する時のポイントが段々判って来た。
「要石シリーズ」は振動を利用している為、
「ショックが多い所」とか「振動が良く伝わる」の様な場所を示すヒント多くあったが、

コレが、正しく意味を伝える邪魔になっている様に思えてならない。

今更だが、詳細な説明をする事にした。

「要石シリーズ」は「茅蜩・鼓粒」と同様に慣性力を利用している。
この事は多くの方も知っていると思う。
つまり慣性力(衝撃、ショック)が強い程、性能が高まる訳だ。
置くより < シャシーなどに固定 の方が圧倒的に良い。

「要石」の設置方法と場所の違い

この様に設置方法で「要石」の性能が随分と違ってくる。
優しく置くよりも硬い所に取り付ける方が63p以上も違う。
Ge3値とdBは近い関係にあるので、その考え方で説明した場合、
電圧換算だと10000倍の差に該当する。
何処かにステーを溶接で作ってもらう方が遥かにお得だ。


丁寧に使ってもらうコト自体は有り難いが、
「要石」に取っては嬉しくないとも言える。


「鼓粒」を使って、慣性力を高めようとの理屈だと思うが・・・
少し良くなる程度ですw  49p 位かな・・・
シートの上では難しいと思うよ。


 

シャシーに固定してしまってるね。
しかもステンレスベルトみたいなヤツ
だ。\(^o^)/ 127p


これもシャシーに固定しているぞ!
127p。


タイラップの固定なので、チョット心配
時々、点検が必要だろう。

タイラップは信じている人も多いが、所詮は樹脂だ。

その証拠が次の写真だ!

走行中の「鼓粒」に掛かる慣性力が多いのかが判ると思う。

レース走行では無く、普通に走っていてもコレだからね。
「ちょっと段差があったかな?」程度だったそうですw

収縮チューブが破れて、中身が半分無くなっていますよ。

SPにもコレに似た現象が起こっていると考えると分かり易いですネェ〜

127p以上の設置を!目指そう。