ユーザレビュー

クルマ用エアフィルターをシモンでドボン

おそうじシモン

■クルマ用エアフィルターをシモンでドボン  きさ 追記  2017/03/12

kata@長野 さんがレポートしてくれました。

 

「ゲゲゲなエアクリーナー」はエアーフィルターを丸ごとスチールタワシに交換してしまって、
それに何らかのOILを塗って使うのが、本来の「ゲゲゲなエアクリーナー」ですが、
使い古して汚れてしまったエアーフィルターをシモン石鹸で復活させる方法もあります。
つまり、ドボンと丸ごと洗ってしまう訳です。

それについて色々調べてみました。

ここに見えている様な、エアーフィルターをシモン石鹸洗ってしまう訳です。

こんなのを丸ごとシモン石鹸で洗ってしまいます。

■ エアークリーナーの洗い方  

バケツにぬるま湯を入れて、シモン石鹸を濃いめに溶きます。

これに古いエアークリーナーをジャブジャブ浸けて洗います。
1時間程度の浸け置き洗いでもOKです。

このように綺麗になりますw。

これを軽く振って、陰干しで乾かすと完了です。
水でゆすがないのがコツです。
シモン石鹸が残っているコトが大事です。
まぁ、一晩で乾くでしょう。
完全に乾いたら元どおりに装着します。
完全に乾いたかどうかは各自の判断で大丈夫だと思いますが、
自信がなかったら辞めましょう。

 エアーフィルターの性能

ゴミの除去性能 エアーの透過率  
108.9p  88.3p 一般的なエアーフィルター
 92.8p 113.8p 高性能エアーフィルター
 97.9p 113.8p シモン石鹸で復活させた高性能エアーフィルター
 91.9p 116.9p ゲゲゲなフィルター+シリコンオイル

ゴミの除去性能は「ゲゲゲなエアクリーナー」でも、ダートでの走行以外は問題ないと思います。
当然ですが自己責任と云うことですよ。>ALL

僕は空冷のポルシェで実験済みですw。 \(^o^)/
でも、コンピュータ制御の厳密な車では難しいかも・・・