2個目の購入を決意した理由(北斗の男@埼玉さん)

 

 昇氣3については、既に1個購入させていただいており、今回は2個目となります(^o^)/
昇氣3は私にとって、Ge3さんの製品で初めて心底驚き、出会いを感謝した記念すべき製品です。
”結界”というものの効力を正に体感出来、その後の超結界関係(武兎超結界P超結界1)の購入への礎となりました。
武兎+超結界Pの購入で個人結界体制が確立されたことで、1個目の昇氣3は寝室からキッチンに移動し、浄化用として活躍していました。

  

そんな中で今回2個目の購入を決意した理由は、6/16の朝に茨城県沖、福島県沖で発生した地震です。
マグニチュードは確か5.6~5.8程度で震度も2など、たいした地震ではなかったはずですが、マイナス情報としては私が初めて体験する凄まじいものでした。

私の住む埼玉県某市では、超結界チーム(武兎、超結界P、超結界1)がすべてシャットダウン!?というような非常事態になり、朝にその異常に気付けなかった為、会社を退社する夜まで1日体調が絶不調でした。
(朝は、食事をするテーブルの近くに昇氣が置いてあるため、マイナス情報の影響が緩和されていたのでしょう、そのまま会社に出勤してしまいました。)
しかも、その週では度々シャットダウン?と思える状況が4~5回発生し、結界が生きているのか止まってしまっているのか、気が気でない日々でした(^^;)
この1週間の体験から、マイナス情報を防ぐ術が

”完全に止まってしまう”

ことに大きな危機感を覚えました。
(地震から4日目の金曜日からは、武兎だけはシャットダウンしなくなった気がしましたが、これが追加プログラム50000パワーのおかげでしょうか。超結界1はまだシャットダウンしている印象でした)
昇氣はエネルギーの奔流が結果として結界の効力を生んでいるそうで、超結界関係のように過大なマイナス情報の”波”が来ても、結界効果が止まりません。
もちろん、その結界力を堤防の高さとしたら、それを超える”波”分は人は受けてしまいますが、波が堤防高さ以下に収まれば、それは間違いなく抑え続けてくれることになります。

この、”結界が止まらない”という特性が、自分には改めてとても心強く思えました。
そのようなときに、”上”のお告げ(購入応援?)と思ってしまいますが、昇氣キャンペーンやっているんですよね~(笑)買うっきゃないでしょ、これは…(爆)
…と購入の動機はこれくらいにして、昇氣の使用感想行きます(笑)

昇氣を傍に置くようにして、昨晩寝ましたが、やはり落ち着く感じで寝られます(^^)
いつも守ってくれている、という安心感も有ると思いますが、寝るときはやはり傍にいてくれないとですね…(笑)
武兎を使用しているほどの方なら、寝室に昇氣を置くことを強くお勧めします。
ベッドから1mくらいのところに置くと良いかもです。

寝ている間に強大なマイナス情報が来て武兎・超結界がシャットダウンしても、少なくとも弱いなりにも昇氣の結界分はマイナス情報をカット出来るので、朝起きたときのダメージが違うと思いますよ(^^;)

しかも、これは以前の私のレビューにきささんがコメントして下さいましたが、効率は良くないけれど、部屋自体の浄化にもなるそうです。

さて、最近もう一つ昇氣で驚いたのは、メガネの浄化です。
これは既に他の方がレビューしていた気もしますが、昇氣に載せる前と後では見え方が半端なく違うんです。
本当にクリアになります(笑)
朝起きたときと、会社から帰宅したとき、私の必須定番作業です。

ちなみに添付写真ですが、ガラスの台に置いているのが今回購入の昇氣、以前のレビューと同じ環境です。
もう一つはキッチンに移動した昇氣を報告のため。。。

キッチン用昇氣には、キッチンなので想定外の汚れ、水しぶきがかからないように、クレラップを被せています。昇氣の浄化で、クレラップの能力も全開で一石二鳥!?

 

<Ge3スタッフコメントbyきさ>
きさ@Ge3です。
武兎には衝撃を背を低くしてやり過ごすプログラムを追加で入れてあります。
そのプログラムが効果的みたいなので、全ての超結界にも同じものを入れました。2014/06/23

昇氣を鬼門化すると、もっと強い効果が得られると思うのですが、
”北斗の男”さんには強過ぎるみたいです。

コメントを残す