デジタルカメラ考 その3 デジカメの”気”の有無について

デジカメの”気”の有無について

デジカメにも”気”は記録されているのか?!
妙な話だが、コレを真剣に調べてみた。^^;
元々写真には”気”が記録されているものだと私は思っているのだが、
デジタル写真にも記録されていてWebでも分かるのには驚いた。

剣豪ググルとお墓の写真でさえ”気”がボウボウ出ているのだw。
コレは”気”を感じる人には否定のしようも無いのだが、判らない人には皆目判らない訳だ。
まぁ、80%は感じない人なので、仕方が無いのだ。
そこにSIGMA SD1という中古のデジカメで撮ると、”気”がボウボウなのでビックリしたw。

どうやら単焦点レンズに秘密があると睨んだのだが・・・

● ”気”の映るGe3値

単焦点レンズ 109.9p
ズームレンズ  36.3p

この値を見てしまうとズームレンズは馬鹿馬鹿しく思えてしまうが、
そもそも”気”を写す必要があるのかね?(爆)

SIGMAのFoveonセンサーは、他よりも”気”が映るらしい。

● センサーの”気”の映るGe3値

Foveonセンサー 124.4p
ベイヤーセンサー  83.3p

ズームレンズほど大きな差は無いが、何故なのだろう?

■ Foveonセンサーについて考えてみた。
少し技術的なややこしい話になるが、しばしお付き合い頂きたい。

デジタルカメラで人の目に相当する部品はイメージセンサーと呼ばれるものである。
現在、市販されているデジカメで使われているセンサーは、シグマのFoveonセンサーとベイヤーセンサーとの2種類と考えて間違いない。
つまりシグマ以外のセンサーは、ベイヤーセンサーなのである。この圧倒的な数量の違いが開発スピードの違いだ。

Foveonセンサーは光の三原色である赤 (R)・緑 (G)・青 (B)がシリコンを透過する特性を利用し、
素子の厚み方向 (光が入射する方向) に3層にセンサを置いている。
つまり、カラーフィルムに近い構造が売りで、同一位置の異なる色の情報を分離する訳だ。

下の図は、それぞれのセンサーの構造を示している。
Foveonセンサーは縦型構造で光の周波数を分離しているのだが、
一般的なセンサーは3原色に基づいた色のフィルター毎の小さな集合になっているのだ。
コレは光学的ローパスフィルターが不要になり、モアレ現象も起こり難いことになる。

  

単純にまとめると、
Foveonセンサーは光の分離にはシリコンの特性を利用しており、
ベイヤーセンサーのそれはカラーフィルターを使っている事になる。

 

Foveonセンサーの遮断特性

 

一般的なセンサーの遮断特性

このグラフから判るのは、Foveonセンサーの遮断特性が緩やかな事と、
対してベイヤーセンサーのそれはかなり急激な特性である。

オーディオマニアがこの特性から連想するのは、ネッツワークに於ける遮断特性だろう。
そう6dBと12dBの遮断特性の話である。
つまりオーディオで長く語られて来た位相特性の話と同じなのだ。

Ge3では「”気”は位相特性によって伝わる」と説明て来たが、ここでも同じだ。
ここに来て30年来謎だった、アナログ式とデジタル式のコピー機での”気”の違いも説明できる。
全ては位相特性の違いだったのである。

もっとも”気”が感じられる人向けの話なので、
判らない人や”気”を記録するコトに意義を感じない場合、関係のない話だと思う。

シグマ関連の記事

デジタルカメラ考 その1
デジタルカメラ考 その2
デジタルカメラ考 その3
デジタルカメラ考 その4
デジタルカメラ考 その5

SIGMA dp0 Quattro試し撮り その1
SIGMA dp0 Quattro試し撮り その2